【人見知り】共通点がなくても大丈夫!会話を弾ませる方法。

 

 

あなたは人との会話が好きですか?

 

知らない人と話すのが好きだ!
いろいろな人と出会って話すのが楽しみでしょうがない!

 

もしあなたがそんなタイプの人なら、この記事は読まなくても大丈夫。
上手いことやっていけると思います。




なぜならこの記事は、人と話すのが苦手な人に向けた記事なのですから。

 

人との会話が億劫になる理由

・緊張する
・相手との共通点がなかったらどう接したらいいのかが分からない。
・何を話したらいいのか分からない。
・相手の言葉に気の利いた返事が出来なくて会話が弾まない。
・自分の知らない話題が出たらどう答えていいのかが分からない。
・自分から話すようなネタがない
 などなど…

山ほどあります。

 

ちなみに自分は自他ともに認める人見知り、無口、いまいち盛り上がりに欠けるザ・内向的な人間でした。

ですが今となっては、
「意外と話すし話しやすい。あと何気に会話を広げるのが上手いよね」
と言われることが多くなってきました。

 

こうなったきっかけというのが、社外との交流が多い部署に異動になり、こりゃまずいと思って読んだある本との出会いです。

 

この本に書いてあった、たった1つのことを意識するようになってから、特にすごく努力したわけでもないのに、人との会話に多少なりとも気軽に臨めるようになったからです。

 

私を変えた本というのがこれです。

created by Rinker
¥535 (2021/10/27 17:45:40時点 Amazon調べ-詳細)

 


kindle版なら、300円もしない破格の値段です。
コンビニのお菓子やジュースを2回くらい我慢すれば手に入っちゃいます…

 

 

相手との違いを見つける

というたったこれだけの意識といますか、心掛け

 

これが私の心を軽くしてくれました。

 

え?共通点を探すんじゃなくて?と思われるかもしれません。

です。

 

そもそも、あなたと共通点を持った人間がこの世にはどれだけいるでしょうか。
価値観、趣味趣向、思考…決して多くないことに気づいてもらえますでしょうか。

そんな稀有な存在である、「共通点」がなければ心地よい会話が出来ない。というのなら、この「共通点方式」は対人関係において、有効な手段ではない
そう思いませんか?

 

 

人はそれぞれ異なるもの。

そう分かっているのに、どうして共通点を必死に探すのでしょう。

 

これは安心感・親近感を求めての行動なのです。
そう考えると、コミュニケーションをとることが不安な人が共通点を探すのは
ごくごく当然の行動ですね。

 

しかし!人生の伴侶等を選ぶ際には共通点が多いのは重要かもしれませんが、
多くの人と会話を弾ませたいというのなら、共通点を探すというのはコミュニケーションの足枷になるのです。

先ほど申し上げた通り、人と人との共通点というのはほんのこれっぽっちしかないわけです。

ですが、コミュニケーションに悩める多くの人は、干し草の中から針を探すように躍起に努力して共通点を探そうとしていますし、自分も実際そうでした。

しかし、共通点の逆。
異なる部分に目を向けるとどうでしょう。

そこには話題がゴロゴロと転がっているわけです。
・自分には馴染みのない趣味
・馴染みのない考え方、価値観

 

もっと簡単なところで言うと
・出身地について、
・名前の由来について、
などなど。

 

共通点とは違い、自分とは異なる点だらけなことに気づいてもらえましたでしょうか?



パッと見たときの荷物の多さ、アクセサリー、服の色なども異なってくるでしょう。

 

自分とは違って、
バッグがやけに小さかったり、手ぶらの人が話し相手ならば
どうやったら荷物をそんなに少なくできるのかを質問してみると会話が発展しますよね。

 

こんな具合に、自分とは異なる点を見つける
これだけで相手への興味の湧き方も変わりますし、そうなってくると必然的に質問も増え、会話が弾んでいくのです。

どうでしょう。共通点を探すよりも、断然見つけやすいと思いませんか?

分からないことは聞いてもいいのです。不思議に思ったら素直に質問してみればいいのです。



共通点方式で上手くコミュニケーションが取れなかったあなた。

 

明日から相違点方式のコミュニケーションにトライしてみませんか?

 

created by Rinker
¥535 (2021/10/27 17:45:40時点 Amazon調べ-詳細)
ジュースやお菓子を2回我慢するだけの値段で
980ページにもわたってコミュニケーションについて書かれています。

 

その中には
効果的な質問の仕方
会話を弾ませる小技
苦手な人を減らす技

なんかも盛り込まれていますので
ご興味があればぜひ!

 

この記事が役に立ったらShare