【直毛男子必見】外国人風の髪形にセットするために必要なもの

 

天パーと直毛。直毛の方が聞こえはいいですが、
直毛人には直毛人なりの悩みがありますよね。

こんな人におすすめの記事です

髪が硬くて髪が全然曲がってくれない!
直毛って髪の生え方には抗えないから、髪形の幅が狭い
おしゃれな髪型にしたくても髪質のせいで諦めないといけない

と思っている人

などなど…

 

直毛人こと著者の悩み

 

私は海外ドラマや映画が大好物で、海外俳優の短いながらもおしゃれな髪型に憧れていました。

 

学生時代、ずっと伸ばしていた髪をバッサリと切り落とし、海外俳優ヘアーにイメチェンだ!
と思って意気揚々とカットしてもらったのも束の間。あれ、なんか違う… 

 

それもそのはず、私の髪の毛はドがつくほどの直毛で、
悲しいかな外国人特有の柔らかく細い髪で作られた髪型にはなれるはずもなかったのです。

 

短めに切った前髪は前に突き出し、短く切ってもらったトップの毛もただツンツンしているだけ…

 

これじゃあおしゃれヘアーどころか伸びかけの坊主頭じゃん。

ひどくがっかりしました…

 

どうにかこうにかツンツンヘアーとしてセットをして
その時期は乗り越えましたが、そういうことじゃない。

 

俺は外国人風の髪形にセットしたいんだ。
そんな思いが強く残り、ド直毛の自分でも
どうにか外国人風の髪形になれないか
なんて考えるようになりました。

 

 

目指す髪型

まず大前提として、私が追い求めている髪型はこんなような髪型です。
年々多少の変化はあれど、大きなイメージは変わっていません。

横は刈り上げ、それが後ろまで続いているイメージ。
前髪はオールバックもしくはちょっと斜めに上げる感じ。
トップはちょっと無造作な感じ。

 

しかし直毛がこんな髪型になるにはいくつかの問題点があります。
それらと、その解決法を見ていきましょう。

 

外国人風の髪形にするときの問題点。

髪が硬過ぎて前髪を上げられない。

ドライヤーと整髪料で何とか前髪を上げようとするも、
中途半端に持ち上がってしまって
スネ夫みたいな前髪になってしまう…

 

前髪を上げても、髪がクルっとならないから変な感じになる。

なんとか全力で前髪を上げることに成功するも、
髪がまっすぐなのでツンツンしてしまい、
画像でよく見る柔らかさを感じる前髪にならない

 

髪がまっすぐ過ぎて無造作感が出せない。

特にトップの部分。天パーっぽさを感じさせる、
くしゃくしゃっとした質感って直毛だと、ほぼ不可能なのでは…?

 

横の髪がどうしてもハネてくる。

側頭部の髪がこの画像のようにハネる。
ワックスとかで抑え込んでも、髪の力が強すぎて、時間が経つと結局また跳ねてくる…

 

私が直面した問題はこの4つでした。

似たようなことで悩まれているあなたに朗報です。

これらの悩みを一気に解消してくれるグッズを見つけました。
グッズといいましても、普通に売ってるこいつです。

 

 

ヘアアイロン

 

 

ヘアアイロン=髪をまっすぐにするもの。
というイメージが頭にこびりついていたので

こいつの存在なんて、最初は選択肢にすらなかったのですが、
ヘアアイロン、なんとこいつは髪を曲げることもできる優れモノでした。

 

確かに言われてみれば、髪って熱を加えると柔らかくなり、
ある程度形を決めることができますから納得です。

 

実際、女性ものではありますが髪の毛をカールさせるための
アイロンとかも存在しますからね。

 

使い方

それでは実際にどんな感じで髪を曲げていくのか、
画像を見ながら説明していきます。

 

 

まずは横の髪から。
こんな感じで挟み、ねじりながらスライドさせる。

するとどうでしょう。髪が内側に向かってクルっとなりましたよね。

これです、髪を寝かせる秘訣は

とにかく寝かせたいところをクルクル捻りまくります。

するとこんな具合にシュッとした形になってきます!

続けて前髪。

自分の場合は前髪は上に上げたいので、横の髪よりも長めに熱を加えてやります。

はさんで、クルっと捻る。
横も前髪も捻り終わった時点でこのような形になります。

 

どうでしょう。

なんの整髪料もつけてないのにそれっぽい形に近づいてきましたね。

 

これがアイロンの威力です。

 

男性、特に直毛男子には無縁と思われたヘアアイロンが、我々の救世主でした。

 

ここまで来たら後は整髪剤をつければ完成となります。

整髪剤についての記事はこちら。

 

愛用のアイロン

これといった特殊な機能とかがついている必要はないので、
私は黒一色のこのアイロンを使っています。

 

 

黒いアイロン!という理由だけで買ったものですが、こいつがなかなか良いです。

コードの根元部分がクルクルと回転するようになっているので、
髪をはさんでは何度もネジネジするように使う私にとって、
いくら捻じってもコードがクルクルしたり、絡まったりしない
この仕組みはとても具合がいいのです!

 

しかも使用可能になるまでが素早いのなんの!

コンセントを指して最速で30秒で使用可能になるのは、
慌ただしくなりがちな朝にすこしでもゆとりを生んでくれるので
とてもありがたいです。

 

それに、個人差や慣れもあるのかもしれませんが、
自分にとっては本体の太さがちょうどよく、
何の気も遣わずに、いい塩梅に髪を巻けるのも
こいつを推す理由の一つです。

 

機能とは別に、艶消しのマットブラックで、
男が持っていても不自然じゃない見た目も気に入っています。

 

大きさは、もうちょっと大きい方がいいのか、小さい方がいいのか…
と購入前は迷っていたのですが、取り回しが良いし、
髪をはさむのにも何のストレスもない。

しかも旅行とかに持っていくのにも邪魔にならないとてもいいサイズ感という、初めて買ったにしては大当たりのアイロンでした。

 

姉や妹が使っている、もうちょっと大きいサイズの
アイロンを使ったことがありますが、

長すぎて取り回しがよくないのと、プレート部の面積が大きいので
それだけ温まるのも遅く、じれったい思いもしました。

 

逆に、超コンパクトなアイロンも借りて使ったことがありますが、
これは個人的に論外でした(笑)

温まるのが早く、すぐ使えるのはいいのですが、
小さすぎて一度にはさめる髪の量が少なすぎるのと、
本体が細すぎて髪の巻き加減の調節にとても気を遣わなければ
いけない印象でした。
(巻かれすぎて、横の髪がもっこりした感じになることが多かった。)

 

ただ、1つだけ、この機能が欲しい!というのがありまして、

それが髪の保湿機能

髪に相当の熱を加えるので、髪から水気がなくなってしまいがちなので、
この機能はとても魅力的です。

実際、私の姉妹が使っているアイロンには、
水をストックして蒸気として噴出して
髪を加熱しつつ髪の保湿もするという機能があり、
「これはいいな!」と思いました。

 

ただ、この機能を持っているアイロンは大体女性もので大きいものが多く、
自分が求めている見た目のアイロンには搭載されていないので、
私は代わりに、髪が受けたダメージを修復するための
ヘアオイルを愛用
しています。

 

ヘアオイル ミルボン エルジューダMO

 

ちょっとお値段はしますが、お風呂上りに1回の
1日1プッシュしか使わないので、
自分の場合は1本で半年くらいもってます。
まだ残ってるので半年とちょっと。といったところでしょうか。

 

将来髪がボロボロになって、禿げたりしたらショックで立ち直れないのと、
育毛剤などにお金を余計にかけなきゃいけなくなるのが怖い。というのも
前もって髪に投資をしている理由の1つです。


ちなみに、ヘアオイルにはヘアアイロンやドライヤーなどで髪が受ける
ダメージを修復するだけでなく、髪を柔らかくする効果もあるので、
この記事をご覧になってアイロンを使ってセットしていこうかな
と思ってくださった、直毛で悩んでいるあなたには必須と言っても
過言ではないくらいの重要アイテムですよ。

 

 

 

最後に

ヘアアイロンとヘアオイル。

一見女性ものと思われがちな商品なので、
大なり小なりの抵抗感を抱く方も
いらっしゃると思います。

無理もありません。周りを見てもアイロン、
オイルなんて使って髪をセットしている男性はめったに見かけません。

 

でもこう考えてみたらどうでしょう?
周りがやっていないからこそ、
あなたが使えばそれだけ周りと差別化を図れるのだと。

 

ちょっと使うのがめんどくさそう、余計にお金がかかって嫌だなぁ。
という気持ちも理解できます。

 

でも今まで、あなたがやってきたことがどれだけ
あなたのためになりましたか?。


ドライヤーとワックスで何とかならなかったからこそ、
この記事をここまで読んでくださったのではないでしょうか。

 

ならば変わりましょう。

 

多少面倒でも、それだけの価値があります。
ずっと直毛で悩んできた私が保証します。

 

今となっては髪をセットするのが楽しくてしょうがないです。

 

画像検索をしては、こんな風に髪を切って、
こんな感じでアイロンかけたら再現できそうだな。

とか、以前では考えられないくらい髪形の幅が広がりました。

 

あなたのその頑固な髪質を嘆いていても何も始まりません。

 

一歩踏み出して、私の感じている喜びを
あなたも感じてくれることを願っています。