香水の種類に関わらず、匂いを長持ちさせる方法

 

 

こんなことありませんか
香水の匂いが長持ちしない。
香水をつけているのに香水つけないの?と言われる
長持ちさせようといつもより多めにつけると、匂いがキツくなってしまう

 

どうせ香水をつけるなら、出掛けてから帰宅するまでずっと香っててほしいですよね。

でも実際は家を出て、「さぁ、ここからだ!」って時には、匂いが薄まってることって結構あると思います。

 

パルファムやオードパルファムなど、濃度の高い香水を選べばいいよ!

なんて言われても、
自分お気に入りの、オードトワレやオーデコロンの匂いを長持ちさせる方法はないのか!!

 

そんな悩みを解決すべく、この記事を書いています。

 

お気に入りの香水の匂いを長時間まとうための方法はこちら!

 

正しいつけ方を知る

皆さんは香水をどこにつけていますか?

 

手首、首などにつけている人が多いでしょう。でもどんな根拠でそこにつけていますか?
手を動かす度に香るから?顔に近い位置だから、相手に気付いてもらいやすいから?

どちらも正解でありますが、完璧な答えではありません。

 

実は身体には、香水をつけるのに適した部分というのが存在します。

全身のどの部分の温度が上がりがちで、どの部分が冷えがちなのかを示している図になります。

温度が高いところにつけた方が、熱の影響で効率的に香料が空気中に運ばれ、結果的に「いい匂い!」と認識されやすくなるのです。

 

基本的には太い血管が通っている、いわゆる脈の部分が熱を帯びやすく、香水をつけるのに適した場所だと言われています。

 

じゃあ、熱を帯びやすいところにつければいいのか!
というほど単純でもなく、脇や股など、極端に汗が出てくるところにつけるのは好ましくありません。

汗臭さと香水のにおいが混じったときを想像してもらうと、イメージが湧くかと思います。

 

そのことを考慮すると、血管が通っていて皮膚が薄くなっている前腕手首が、香水をつけるのにもっとも適した場所になります。

 

絶対NGなつけ方

適した場所につけるにしても、絶対ダメなつけ方が存在しますのでお伝えしておきます。

 

つけた部分をこする。

手首をすり合わせる仕草を見たことがあると思いますが、これは絶対やってはいけません。

香水に含まれる匂いの粒が壊れてしまって、香水本来の匂いが損なわれるので、香水をつけた部分を擦るのは絶対NGです。
それに、摩擦熱で香料がどんどん揮発してしまい、結果的に短時間しか香らないということにも繋がるNG行動になっています。

 

服に直接振りかける。

なんとなく服に直接つけた方が、匂いが長続きする気がして、香水を服に直接つけている人いませんか?

これ、服を長持ちさせたければやめてください。
香水には匂いの素となるオイルが含まれています。このオイルが服に悪いんです。

 

服よりも香水の匂いを長持ちさせたいのならば良いのかもしれませんが、服に染みが出来てしまうのは避けられません。

暗い色なら染み目立たないんじゃない?と思うかもしれませんが、これが意外と目立つ…

ポツポツポツポツと斑点みたいな染みや、丸い染みが出来てしまって、お気に入りの服をダメにしてしまうので服に直接つけるのは控えてください。

 

特に濃度の高い香水はすぐに染みになりますので特に気をつけてください。

 

どうしても服につけるのがいい!という人は、襟や袖など、折り返して縫われていて熱くなっている部分。この内側につけると、染みは目立ちませんし匂いも多少長持ちすると思います。

 

香水の構造を知っておく

 

香水にはいくつか種類があるのはご存知でしょう。

 

左から

パルファム、オードパルファム、オードトワレ、そしてオーデコロン。

 

香水というのは
エッセンシャルオイル+アルコール+蒸留水
の3要素から成り立っています。

 

 

エッセンシャルオイルというのは匂いの素そのもので、画像のパーセンテージがオイルの含有率を示しています。すので、このオイルが多ければ多いほど匂いは強く、そして長く香るということになります。

 

さて、このように構造を分解してみると、
オイル含有量が多い=アルコールなどの成分が少ない。
オイル含有量が少ない=アルコールなどの割合が多い。
ということが分かります。

 

香りが長続きしない!と嘆いている方は、オイル濃度の低くアルコールの割合が多い香水を使っていることが多いので、自分の使っている香水がどの部類に当てはまるかを1度チェックしてみてください。

 

 

保湿をする

 

香水に種類があるのは分かったけど、自分が気に入っている香水は、オードトワレやオーデコロンなんだ!

 

この香水の匂いを持続させる方法が知りたいんだ!
他の匂いはいらない!という方にオススメなのが保湿です。

 

香水をつける前に保湿。これは鉄則です。

なぜ保湿?とお思いでしょう。

 

香水の仕組みをおさらいしましょう。

香水というのは香水に含まれるアルコールが揮発するところにエッセンシャルオイルが乗り、結果的に匂いとなって空気中に飛び立っていくものです。

 

となるとオードトワレやオーデコロンなんかは、アルコールの割合が非常に多いのでどんどんと揮発していってしまうのは想像していただけるでしょうか。

 

アルコールが飛ぶ=匂いが出ていく
そして匂い成分の含有が少ないオードトワレやオーデコロンにおいては、アルコールが抜けてしまった後では、よほど鼻を近づけたりしないことには匂いがしなくなってしまうのです。

※匂い成分が多いパルファムや、オードパルファムはアルコールが飛んだあとでも自力で匂いを出醸し出せる。

 

ということは、アルコールの揮発スピードを抑えることが出来れば香りが長持ちするということです。

そして、そのスピードを抑える方法というのが保湿なのです。

 

アルコール除菌液を例にとって説明してみましょう。

乾いた手のひらになかなかの量のアルコールスプレーをしてもあっという間に乾いてしまいますよね。
ですが、濡れた手の平ですとどうでしょう。全然乾きませんよね。

 

そうです。水分があればアルコールの揮発スピードは遅くなるのです。

 

香水も同じです。乾いた肌につけるのと、保湿で充分な水分が含まれている肌につけるのとでは匂いが飛ぶスピードは大違いなのです。

 

肌を保湿し、潤してあげればアルコールが暴走してぶっ飛んでいくのを抑えられて、結果的に香水の匂いが長持ちすることに繋がるのです。

 

順番は保湿→香水です。逆ではありません。

保湿→香水です。

 

保湿クリームなどは無香料のものにしてください!
匂いが混ざってしまうのは誰も望んでいませんよね。無香料で保湿効果が高いものを選びましょう。

created by Rinker
ヴァセリン(Vaseline)
¥555 (2021/03/07 02:49:54時点 Amazon調べ-詳細)

保湿と言えばワセリン。高い保湿効果が評価されている、安定の商品です。

 




こちらは乾燥肌で悩む男性向けの保湿ジェルになっています。
楽天で1位。Amazonでも☆4.4つを獲得した実力を持つ製品です。

 

乾燥肌の方は、そうでない人よりも香水の匂いが早く消えてしまいがちですので、こういった専門的なジェルを使うことで、香水の効果時間を飛躍的に伸ばすことが可能です。

 

 

アトマイザーで持ち運ぶ

保湿は気軽に実践できて効果が確かなものですが、極度の乾燥に対抗することは難しいでしょう。

 

秋冬、地域によっては夏も。唇が乾燥するような時期がありますよね。
唇が乾燥するって言ったら、それはかなり空気が乾燥している証拠です。

 

そんな環境では、保湿して香水をつけても時間が経つとさすがに匂いが飛んでしまいます。

 

そんな時に使いたいのが、お気に入りの香水を持ち運べるアトマイザーです。
リップスティックほどの大きさのもので、香水ボトルから直に補充ができるので詰め替えも簡単。

 

小さめのワセリンとセットで持ち運び、出先でも保湿+香水を実践することが出来ます。

 

外出先でのつけ足しが出来るのはもちろん、泊りなどの時にボトルを持っていっては荷物になりますし、香水でバッグの中身がビシャビシャになって、香水を無駄にしたり、お気に入りの服などもダメにしてしまうリスクにも備えられます。

 

 

艶消しのシックな見た目で、人前でサッと取り出しても恥ずかしくないデザインなのがオススメのアトマイザーです。

安いものだと個体差で液漏れしてしまう可能性はありますが、実際に持ち運ぶ前に家で振ったりしてみて確かめれば、問題なく使うことが出来ます。

液漏れがあるものが届いた場合には、交換手続きをしてもらうとよいでしょう。
交換というか、1個追加で送られてくる形なのでとても楽です。

 

人と被るのが嫌だ。もっと高級感があって、気分が上がるようなのが欲しい方はトラヴァーロというイギリスのアトマイザー専門店のものがおすすめです。

フレグランスアトマイザーなら【TRAVALO(トラヴァーロ)】

高級合革を使っていたり、シンプルながらに高貴さを感じさせるような洗練されたデザインのアトマイザーは多くの人の視線を集めるでしょう。

 

香水にこだわっている人は、匂いだけでなく入れ物も魅力的なものを持ち運びたいですね。

 

 

created by Rinker
Vaseline(ヴァセリン)
¥197 (2021/03/07 02:49:55時点 Amazon調べ-詳細)

持ち運びに便利な超小型の保湿クリームです。
保湿効果が抜群のヴァセリン製。こいつで保湿して、アトマイザー1プッシュで匂い復活です。

 

最後に

 

香水の種類に関わらず匂いを長持ちさせるのに一番効果的なのは保湿です。

 

私の夏用の香水がオーデコロンで、匂いが消える速さにいつも悩んでいたのですが、香水の仕組みを知って保湿を試してみたところ明らかに持続時間が伸びました。

長持ちする香水を選ぶのもいいのですが、できるなら今愛用している香水を長持ちさせたいですよね。

香水を長持ちさせたいのならば、保湿のひと手間加えませんか?

 

そして乾燥する季節には、保湿ジェルとアトマイザーに入れた香水を持ち運び、出先で保湿+香水をサッとつけることで、オードトワレでもオーデコロンであれ常に匂いをまとった状態でいられます。

 

魅力的な匂いをまとって、自信をもって街を歩きましょう。

 

created by Rinker
ヴァセリン(Vaseline)
¥555 (2021/03/07 02:49:54時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Vaseline(ヴァセリン)
¥197 (2021/03/07 02:49:55時点 Amazon調べ-詳細)